成田軍のイチオシ! 柴崎和泉守 行田市グルメ

果たし状がきたゾ!!

投稿日:

ある日の事...。

儂の屋敷に声が響いた。

足軽あお「和泉様ー!和泉様ーーー!!」

柴崎和泉守「おう!あお!なんじゃ!!」

あお「和泉様宛に文をお預かりして参りました」

和泉「なんだ、急ぎの様か?」

あお「はい!ご覧になって下さい!

和泉「うむ!わかった!では早速!」

は!果たし状!?

和泉「あお、差出人が書いておらぬが...。」

あお「行けば分かります。

和泉「まぁ、よいか!!この武功一等 柴崎和泉守に挑むとはいい度胸じゃ!!受けてたとう!」

あお「さすが!和泉様!!」

和泉「うむ!儂に挑んだ不運を知れ!行くぞ!」

あお「え、、私もですか?」

和泉「なんだ、嫌なのか?」

あお「い!いえ!行きましょう!さぁさぁ!」

儂はあおと共に『香港飯店』へ!

いったい誰が待っておるのかの...。

不安と期待を胸に店内へ!

謎の刺客「遅い!」

和泉「あ!ひっ!!姫様!!!!

甲斐姫「待っておったぞ!和泉!」

和泉(あお..........)

あおは、そっと目をそらした。

和泉「それで姫様、儂と何をするおつもりですか?」

姫「早食い対決じゃ!!!!」

和泉「早食い!?恐れながら姫様、早食いや大食いの類で儂に勝つのは厳しいかと」

姫「なぜじゃ!!」

和泉「儂は強いですぞぉ!恐らく行田に敵無しかと!グルメ探索武将としてもその辺りは抜かりございません!やめておいた方がよいかと!」

あお「私も一度はそう申しました...」

姫「嫌じゃ!嫌じゃ!!儂もグルメと言われたい!!」

和泉「はぁ......。」

姫「今回はボリューム満点!角煮ラーメンで勝負じゃ!」

和泉「まぁ姫様がよろしいならいいでしょう!その挑戦お受けいたしましょう!」

姫「よくぞ申した!、あお!審判を致せ!」

あお「はっ!!」

和泉「姫様とて、手は抜きませぬぞ!」

姫「おう!望むところじゃ!!」

そこへ、角煮らーめんが登場!

店員さん「角煮ラーメン3つになりまーす」

あお「ん?3つ?」

姫「折角じゃ!あおも食べろ!」

あお「え!?私もですか!?」

姫「儂や和泉に気を遣わず勝っても良いのだぞ!!」

あお「いや!無理ですよ!お二人に勝つなんて!!」

姫「よーし!!はじめぇ!!」

あお「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

戦いの火ぶたは切られた!

皆、黙々と箸を進める。

まるで飲み物の様に、角煮までも胃に流し込んでゆく儂!

かっこいいな!!

今回の作戦は、儂を見て考えたという、

よく噛まずに食べる戦法でいくという姫様。

儂そんな風にみられてたんだな...。

一口の量が多い姫様!?

あお、ゆっくりとゆっくりと。

なかなか具が減らず...。

               -数分後-

和泉「ごちそうさまでした!!!」

姫「!?嘘だろ!?」

あお「早すぎですよ...」

姫「負けたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

和泉「だから申したではないですか。儂には勝てんと」

姫「ぐぬぬぬぬぬ」

和泉「ですが姫様、儂と角煮一本差とは、これ見事!!女子で儂にここまで近づけるものは、そうはおりませぬ」

あお「いつかは追い抜けるかもしれませんね!姫!」

姫「そうだな!また機会を見てリベンジ致す!待っておれ!」

和泉「は...はい」

あお「という訳で!本日の勝負は!和泉様の勝利―!」

和泉「エイカエイカオー!!!!!」

◆店舗情報◆

『香港飯店』

住所:埼玉県行田市11-8

電話番号:048‐555‐2472

営業時間:11時30分~14時30分、17時30分~21時30分、水曜定休日

◆今回のメニュー情報◆

『角煮ラーメン』

大きな角煮が2本ものった、食べ応え十分な逸品。

しょうゆ、みそ、しお等味が選べるのも魅力の1つ!

儂のオススメはしょうゆ!

醤油味のスープと甘い角煮たれが混ざるのが堪らないゾ!

ぜひ!食べてみてくれ!!

和泉

Google AdSense

Google AdSense

-成田軍のイチオシ!, 柴崎和泉守, 行田市グルメ
-, , , , , , , ,

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2020 All Rights Reserved.