正木丹波守 行田市グルメ

丹波がタジタジ!?一度ハマるとクセになるご当地グルメ店【珈琲苑】

更新日:

忍城址より東。
桝形城門跡よりこんにちは。

成田家筆頭家老
正木丹波守である。

ご当地グルメのフライにゼリーフライ。
行田市内に数多あるが
此度ご紹介致すは桝形城門跡のお隣の

珈琲苑

である。

昭和レトロな外観と、田舎のおばあちゃんの家のような懐かしさを感じる店内。

えも言われぬ落ち着く雰囲気である。

ふー。

お茶が美味い。

改めてここで行田のご当地グルメが如何なるものか。
それはこちらをご覧あれ。

実にわかり易い。 

珈琲苑殿の店内に飾られている絵画である。

さて。本日は何をいただこう?

よし。

焼きそばフライミックスに玉子もつけよう!

こちらが、珈琲苑殿のフライだ。

フライはソース味としょうゆ味が選べる。
私は普段はしょうゆ味を好むのだが、
珈琲苑殿でいただくときはソースなのだ。

珈琲苑殿のフライはソース味でも
あっさりとしていてサクサクいただける。
ネギのアクセントと紅生姜も食が進むのだ。

玉子入りにしたのも良い!
優しいお味で此度の食べたいお味であった。

美味い。

ふー。

くつろぐー。

落ち着く雰囲気ではあるのだが、
実はこの日はとても賑やかであった。

と申すのも、いつもお越しであろう
ご近所の年配の御婦人方が
この日は沢山いらっしゃったのだ。

沢山お話聞かせていただいた。
一緒に笑った。
実に賑やかでパワフルだ。
その勢いに私も思わずたじろいだ。笑

そして、店内のお写真などを撮っていると。

マダム「これも撮っていきなさい。」

と、一枚の絵画。

実はこの絵。

貼り絵なのだ。

そして、此度お越しのご婦人が作ったものだという。
足袋の町行田には今でも手先の器用な方が
沢山いらっしゃるのだ。

アットホームな、この辺りの憩いの場である。

店をでる際に

マダム「また待ってるわ。」「がんばってね。」

日々疲れることもあろう。

そんな時こそ行きたくなる。

私にとっても憩いの場なのだ。

あ。

暑くなったら、『かき氷』始めるそうだぞ。

正木丹波守利英

□■□■□■□■□■□

珈琲苑

埼玉県行田市忍2丁目4−7
048-554-9856
営業時間:10:00~16:00
定休日:水・木曜日

□■□■□■□■□■□

Google AdSense

Google AdSense

-正木丹波守, 行田市グルメ
-, , , , ,

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2020 All Rights Reserved.