正木丹波守

夜襲日記~ またな。~丹波

更新日:

天正18年石田三成率いる豊臣軍を相手に

佐間口の守将として忍城を守り抜き、

その後戦没者の供養の為

忍の地に高源寺なる寺を開基した。

 

我こそは漆黒の魔人と恐れられし

成田家筆頭家老

正木丹波守利英である。

埼玉県行田市観光PR隊

忍城おもてなし甲冑隊。

2010年7月に結成。

行田の魅力を発信すべく

日本全土を駆け抜けて参った。

そして行田市の市民の皆様とも

もっともっとお会いできるよう

納涼祭・敬老会・保育園・幼稚園

といった場にも精力的に出陣して参った。

 

2012年映画『のぼうの城』公開

2015年田んぼアートがギネス世界記録TM認定

2017年TBS日曜劇場『陸王』放送

 

行田市は人口約8万2千人の

決して大きいとはいえない町であるが

時代の都度都度、脚光を集めている。

 

さきたま古墳群に古代蓮の里

我らが居城・忍城に、足袋のまち行田。

行田市は面白き町である。

古代、戦国時代、明治~昭和

様々な時代の魅力を垣間見ることが出来る。

 

 

楽しき日々であった。

我らが出陣した先には必ず”人”がいる。

我らが伝えた魅力を聞いて”人”が来る。

色んな出陣があった。

楽しい時、苦しい時、暑い時、寒い時。

でもそこには必ず”人”がいて

私の話を聞いてくれた。

そして行田に、忍城に来てくれた。

 

人との出逢いが私の宝である。

 

悔いはない?

 

勿論ある!

まだまだ足りぬ。

もっともっと行田の魅力を知ってもらいたい。

 

が、この三月をもって少し休むことにする。

我らに会いに来てくれる皆

すまぬ。

長親を残して先にゆく私を許してくれ。

でくのぼうを略して”のぼう”。

頼りない何を考えているか解らん所がある

私の幼馴染。

が、不思議と”人”が集まる。

”人”を笑顔にする。

こいつは私にはない何かを持っている。

結局、それが何なのか解らぬままであった。

皆頼む。

願わくば、長親を見守ってくれ。

勿論、行田に足を運んでな。

私に会いたくば高源寺に来れば良い。

待っておるぞ。

正木丹波守

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

高源寺

埼玉県行田市佐間1丁目2-9

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

 

違ーう!!

 

最終出陣は明日だ!

まだ間に合う!!

明日、忍城で会おうぞ!!!

また明日な!

正木丹波守

Google AdSense

Google AdSense

-正木丹波守

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2019 All Rights Reserved.