足軽あお

足軽だって▲丸墓山古墳て早口で3回言ってみて!!

更新日:

『決壊させよーーー!!!!!』

足軽のあおでございます。

はっ!すみませぬ!
ここへ来ると、ついやりたくなってしまうのですよね~。

石田三成様ごっこ!

そう、ここは忍城攻防戦の際
石田三成が陣を張ったとされる丸墓山古墳の頂上なのでございます。

丸墓山古墳とは…?

・さきたま古墳群の中の1基
・築造されたのは6世紀前半頃
・直径105m、高さ約20mという日本最大級の円墳

石田三成はここを拠点として

28kmもの石田堤を築いたと言われておりまする。

駐車場から丸墓山古墳へと続くこの道が石田堤の跡。

古代から戦国、そして現代。

いくつもの時代を越えてきた丸墓山古墳。

実はその名前の由来にはいくつかの”説”があるのでございます。

 

【①丸い墳丘だったから説】

見えた形=丸い墓 をそのまま名付けたという説。
詳しい説明は…いりませぬね。

 

【②元々は「麿墓」という名前だった説】

ちょっと噛みそうな名前「丸墓山古墳」
元々は麿墓(まろはか)と呼ばれていたとか、いないとか。

それがだんだんと訛って丸墓(まるはか)になった…とも言われておりまする。

元の言葉が訛っていったという点は
行田のB級グルメ『ゼリーフライ』の名前の由来と同じでございますね!

 

いずれにしても江戸時代の書物である

『新編武蔵風土記稿(しんぺんむさしふうどきこう)』には

『丸墓山』という名前が登場しており

この頃には既に知られた名前であったという事が分かっておりまする。

 

いまだ埋葬施設は発掘されていないため

内部は謎に包まれております。

いつか解き明かされる日が来るのでしょうか…!?

 

ちなみにこの丸墓山古墳は

平成30年2月7日(水)~28日(水)までは南側階段
平成30年3月1日(木)~23日(金)までは北側階段

が工事のため通行できなくなりまする。

※現在工事中なのは南側階段

片側ずつの工事となるので、登る事は可能ですよ!

行田にお越しの際は古代の謎に触れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

【おまけ】

先週末、中部国際空港セントレアにて行われた

『第三回 全国武将隊大博覧会-宴-』

そこで結成されました我ら『”青い”武将隊』

名古屋おもてなし武将隊の踊舞さん・なつさん
伊達武将隊の陽さん
と共に『武将たちの求人票』なる催しに出陣したのでございました!

念願の足軽企画!
誠に貴重な時間となりました。

またいつの日か再び『足軽サミット』を!

 

まだまだ間に合うバスツアー!
あなたからのお申し込みをお待ちしております!!

 

足軽 あお

Google AdSense

Google AdSense

-足軽あお

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2018 All Rights Reserved.