忍城おもてなし甲冑隊

埼玉県行田市観光PR隊忍城おもてなし甲冑隊のオフィシャルブログ ほぼ毎日更新中!

足軽あお

足軽だって▲「陸王の聖地」であり、「世界ギネス記録™」も「日本遺産」も「国宝」だってある行田へ遊びにおいでよ♪

投稿日:

足軽のあおでございます。

昨日は忍城成田軍まち歩きイベント
ブラタナリ『陸王ロケ地 聖地巡礼』が行われました!

多くの方がご参加下さったとの事!!
誠にありがとうございました。

 

早くも12月16日(には

第2回 ブラタナリが開催決定!!!

 

今回とはまた違ったコースを巡りますよ!

お時間のある方はぜひご参加下さいませー!

 

陸王のロケ地として話題の行田市ですが。

2015年9月には世界最大の田んぼアートとして『世界ギネス記録™』

今年の4月には「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」として『日本遺産』

…と、様々な認定を受けておりまする。

 

他にも行田市は国宝に指定された○○を見る事ができるまちなのです!

 

その国宝とは、さきたま古墳公園内にある「さきたま史跡の博物館」で見られる

『金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)』

※写真はレプリカです

1968年に稲荷山古墳より出土。

刃の両面には115文字の漢字が刻まれており、
歴史的・学術的価値も高い事もあって、1983年に国宝に指定されました。

 

そんな国宝が復元されていた事をご存知でしょうか?

 

2007年2月。

当時の姿を現代に蘇らせようと、刀匠・刀身彫刻家・研師といった各分野の職人たちが集結。

試行錯誤を繰り返しながら実に6年もの歳月をかけ、2013年に復元・公開されたのでございまする。

 

そんな苦労の末現代に蘇った復元品と
実際に出土した鉄剣とが特別に並べて公開されております!!

特別公開「稲荷山古墳出土 金錯銘鉄剣 復元品」

期間:平成29年12月5日(火)~平成30年2月18日(日)
※月曜休館(1月8日・2月12日は開館)

場所:さきたま史跡の博物館 国宝展示室

 

実際に出土した鉄剣と復元品とが同時公開されるのは2年ぶり。

1500年の歳月によって風化してしまった刃や文字が実際はどのようになっていたのか。

この機会にぜひ間近で見比べて下さいませ。

 

足軽 あお

Google AdSense

Google AdSense

-足軽あお

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2018 All Rights Reserved.