酒巻靱負

仙台城跡で深まる絆!七夕ナイト!酒巻の勇躍!

投稿日:

やってきました「仙台城跡七夕ナイト」!!

日が沈み、政宗公の像がライトアップされ美しく映えるここ仙台城跡に
日本遺産となった行田市をPRすべく丹波さん、姫と共に忍者を伴い参上!!

成田軍の軍略の天才酒巻靱負にございます。

 

あいにく台風の影響で野外でのパフォーマンスはかないませんでしたが
こんな天気の中でもお越し下さった沢山の方々とお会いすることが出来て大変うれしく思います!!

 

此度の「仙台城跡七夕ナイト」は仙台七夕祭りの中のひとつのイベント。
仙台七夕は旧暦で開催されるため7月ではなく8月に開催されるのだそうです。

色鮮やかな和紙で作られた七夕飾りがすだれのように並んで揺れている姿は
とても美しく見るものの心を捉えます。

これらの飾りには商売繁盛や無病息災などの願いが込められているそうです。

この七夕まつり、江戸時代初期に仙台藩の伊達政宗公が、
女性の文化向上のために、七夕を奨励したのが始まりなのだとか。

 

とても素敵なお祭りでございますね。

 

その伊達政宗公率いる奥州・仙台おもてなし集団伊達武将隊の皆様も
先日結成7周年を迎えられたとのこと。

そして此度もご一緒させて頂きました山形愛の武将隊の皆様
結成7周年!!

誠におめでとうございまする!!

 

我等忍城おもてなし甲冑隊も先日7月30日の浮き城まつりにて
結成7周年を迎えることが出来ました。

ここに集いし3隊が7周年を迎え、
ともにステージに立てることに感慨深いものを感じておりまする。

 

お互い8年目に突入。

 

こうしてイベントにお招きいただき、
来て下さる方々や応援してくれる方々に支えられて
行田のPRをさせていただけることに感謝しておりまする。

 

我等忍城おもてなし甲冑隊は「日本遺産となった足袋蔵のまち行田」
仙台城跡にて思いっきりPRして参りましたぞ!!

ここでお会いした方々が日本遺産や行田市に興味をもって下さり、
いつの日か忍城でお会いすることが出来たならこの酒巻、感無量でございます。

 

政宗様がおっしゃっていたように

これからも感謝の気持ちを大切に
我々も行田を訪れる皆様が笑顔いっぱいでいられるように
精一杯努めて参る所存にございます。

 

フィナーレには雨も上がり、参加して下さった皆さまと一つになり
ございん音頭を踊れたこと、本当に最高の時間となりました。

 

これからもこうして共に時を重ねていけますよう
七夕の夜に願いをこめて・・・・

 

此度は「仙台七夕ナイト」にお招きいただき誠にありがとうございました!!

 

酒巻靱負

 

 

 

 

 

 

 

Google AdSense

Google AdSense

-酒巻靱負

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2022 All Rights Reserved.