足軽あお

”城代”になる!!

投稿日:

足軽のあおでございます。

本日6月7日は先日の大将ブログにもあったように
成田長親様が忍城城代そして総大将になられた日でございます。

今から427年前の事。

 

歴史の教科書には載っておりませんが、忍城攻めは真の出来事。

ちょうどこの時期に何が起こっていたのか…

簡単にご説明いたしましょう!!

 

1590年2月

・豊臣秀吉による関東攻めが開始
・忍城城主 成田氏長様が本城である小田原城へ入城

氏長様はこの時から関白に降るおつもりでいらっしゃいました。
成田軍も「関白の軍勢が攻め入った際には速やかに開城せよ。戦をしてはならぬ」と命を受けたのでございます。

戦をしたかった和泉様と靱負様。
この時は少々不服そうでございました。

 

1590年3~4月

・駿河(静岡県)の山中城、足柄城、韮山城が相次いで開城
・同じ頃、小田原城が徳川家康ら諸大名によって包囲される

 

1590年5月

・武蔵国(埼玉県)の岩槻城、河越城といった諸支城が降伏
・さらには上野国(群馬県)の前橋城や金山城が攻略され、館林城も石田三成の軍勢により包囲される→その後開城

館林城は忍城の北方およそ15kmに位置していたため、
石田三成がすぐそこまで攻め込んできたという事が分かりました。

しかし!!

成田軍は領民をはじめ足軽だって高い士気を保ったままでございました!

 

1590年6月4日

・忍城で籠城が始まる
・石田三成率いる2万の大軍勢が忍城を包囲

籠城兵は全部で3740人。
百姓だけでなく、町人や寺法師など各階層の者たちも入城を快諾したのでございまする。

※写真は籠城のイメージです。石田軍の侵入はお断り!

 

1590年6月7日

・石田三成によって水攻めのための堤工事が始まる
・長親様の父上である泰季様が亡くなられ、長親様が城代に

正しく427年前の今日起こった出来事でございます。
そしてご城代になられた直後、あの一言を申されたのでございます。

 

 

 

戦いまする!

 

 

 

氏長様は初めから関白に降るおつもりでいらっしゃいましたし、成田軍も戦をするなと命を受けていたはずなのですが。

大将のこの一言で戦をする事となったのでございます!

 

当時は誠に驚かされました…

ですがこの一言がなければ、もしかしたら今こうして

”忍城おもてなし甲冑隊”として存在する事もなかったかもしれませんね。

その後の戦については…いずれまた。

 

北条家にも関白にもつかず、皆が平和に暮らせる世になったとは言え…

大将にはもう少しだけ”大将”としての自覚を持っていただきたいところ!!

…という訳で、今年も開催されます

 

『大将まつり』

果たして大将らしいところを見る事はできるのでしょうか!?

ゲストも発表され、後は6月24日を待つばかり。

 

 

『坂東武者の槍の味、存分に味わわれよ』

訳:坂東武者が開く楽しいお祭り、存分に楽しんで下さいませ!!

 

足軽 あお

Google AdSense

Google AdSense

-足軽あお

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2022 All Rights Reserved.