足軽蓮(れん)

行田をめぐる足袋の旅③~「きねや足袋」編

更新日:

最近大将や靱負様の足元が気になる

成田軍の戦う足軽 蓮(れん)にございます。

行田の自然と青いものが大好きなあお先輩と

大将の履いている青い足袋のような靴を探していざ
「きねや足袋」さんへ!!

足軽あお&蓮が行く!!
行田をめぐる足袋の足袋「きねや足袋」編!!

 

きねや足袋さんにはお店のような看板がなく、
「・・・ここでいいのかな?」と入り口をのぞいてみると

中には大将・靭負様が履いていたあの足袋が!!!

わぁ~!!!

きねやさん「これは「無敵~MUTEKI~」というランニング足袋なんですよ。」

あお・蓮「こんにちは!!・・・ランニング足袋!?」

きねやさん「伝統的な製法で仕上げた足袋そのものにグリップ力の高い薄さ5mmの天然ゴムソールを手縫いで縫い付けた新しいタイプの履物なんです。」

あお「どうしてそんなに薄いソールなんですか?」

きねやさん「従来の足袋型シューズやつま先の割れたデザインのシューズと違うのはソールにクッション等の保護素材は一切使用せず、限りなく素足感覚に近づけることで人間本来の走り方を取り戻すツールの1つになるんです。」

蓮「へぇー!!!我々の地下足袋とも違ってデザインもおしゃれですね!!」

きねやさん「じつはこのソール、サイズによって色が違うんですよ。
男性用のものは黒いソール、女性用はベージュのソールになっているんです。」

あお「わぁ!!そんなところにも隠されたおしゃれがあるんですね!!」

蓮「この”無敵~MUTEKI~は中でつくられているんですか?」

きねやさん「いえいえ。”無敵”は別の工場で作られていてここでは白足袋をつくっているんです。
中にある『足袋の館』では足袋作りを見学できるのでどうぞ!!」

 

きねや足袋の浅見さんに案内されて店内へ。

 

入り口にはこんな素敵なものが!!!

浅見さん「これはドイツ八方ミシンです。創業の時から使われているものなんですよ。」

きねや足袋さんは、創業1932年(昭和7年)。
そのころ使われていたミシンに会えるとは!!!

このミシンの導入により足袋の生産量は増大し、
後に行田の足袋は名実ともに日本一となりました。

博物館に展示されていてもおかしくないような貴重なものなのですが、
きねや足袋さんではまだまだ現役。

八方向に縫うことができるこのミシンはつま先部分に、
履き心地につながる最適なふくらみを出すには一番適しているとの事で、
修復を重ねつつ大切に使っているそうです。

 

昭和45年ころは電車の中でも1つの車両に5人くらいは着物を着ている人がいましたが
現在は足袋を履く人が減っていて、
主に足袋を利用するのは結婚式や職人・曹洞宗の神主さんが多いそうです。

浅見さん「神主さんは”しとうず”という指の股われのない足袋を履いているんです。
きねやでは”しとうず”のほかにも職人さんがよく使う地下足袋、お祭りなどで履くわらじがけ用の足袋なども作っていますよ。」

※こちらはわらじがけ足袋

あお「全部ここでつくられてるんですか?」

浅見さん「いえいえ。紺色のものは藍染のものなのですが、藍染は別でつくります。
ほんのちょっとのほこりでも白いものに色移りしてしまうので。」

蓮「さすが!こだわりですね!!」

浅見さん「ではさっそく足袋の館へ行って見ましょう!!」

蓮「こちらが「足袋の館」入り口です!」

あお・蓮「お邪魔いたします!!」

中はとっても広くあちらこちらからミシンの心地良い音が響いていました。

あお・蓮「あっ!!!」

見てください!!
足袋を作っている女工さんの足元!!

「無敵~MUTEKI~」を履いていらっしゃいました。

足袋作りの工程は10工程。
各工程ごとに別れそれぞれ作業しているそうです。

こちらでは「こはぜ」付けの作業を見せていただきました。

「サイズが書いてあるので表と裏を間違えないように並べるんですよ。」

ひとつひとつ手で並べて・・

蓮「わぁ!!はやい!!」

あお「さすが!!熟練の技ですね!!」

浅見さん「ほかにたくさんの工程を手作業でおこなっているんです。
そうして仕上がった足袋はふっくらとした仕上がりで履いたときのシルエット、履き心地、
耐久性につながっているんです。」

あお・蓮「へぇー!!」

浅見さん「よかったら足袋のためし履きをしていきませんか?」

あお・蓮「ためし履き!?」

浅見さん「きねや足袋では足袋を理解して履いてもらうためにやっているんです。さぁどうぞ!」

 

・・・というわけで早速足袋の「ためし履き」をさせていただくことになりました。

その様子は・・・・後半にてお伝えいたします!!

つづく。

 

足軽 蓮(れん)

 

 

 

 

 

Google AdSense

Google AdSense

-足軽蓮(れん)

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2022 All Rights Reserved.