足軽蓮(れん)

戦国の世に思いを寄せて・・・GWは行田へ行こう!!

投稿日:

もっと強くなりたい!!

 

今日は何の稽古をしようか悩み中。
いつか戦で武功を上げたい足軽の蓮(れん)にございます。

 

昨日は医療生協さいたま2017健康ウォークフェスタに行ってまいりました。

会場は約5kmの道のりを歩いてこられた皆様の
すがすがしい笑顔であふれておりました。

 

ここさきたま古墳公園では5月4日に「さきたま火祭り」が行われ、
我々忍城おもてなし甲冑隊も出陣いたします!!

 

9基の大型古墳が並ぶさきたま古墳公園。

中でも「丸墓山古墳」は日本最大規模の円墳で、
さきたま古墳群の大型古墳で登ることができるのは、
稲荷山古墳と丸墓山古墳の2基だけなのです。

その丸墓山古墳は戦国時代(天正18年)豊臣秀吉軍20000の軍勢を率いた
石田光成が忍城を攻めるために本陣を張ったと言われております。

 

実際に私、足軽蓮も丸墓山古墳に登ってみました。

約100段の階段を上り、
てっぺんに行くとこんな看板が!!

ここから我らが居城「忍城」を見ることができます!!

 

・・・・ん?

どこかなー???

あったー!!!

とっても小さく御三階櫓が!!!

見えますか??

よーく見てみてください!!

 

忍の地は平地だったため丸墓山古墳の高いところから忍城をみた石田三成が
豊臣秀吉にならって水攻めを考えたのでしょうか。

 

全長28kmに及ぶ堤をわずか一週間で作り上げたと言われています。

 

現在は市内堤根に約282mの堤を残すのみですが、
今でもその面影は残っております。

丸墓山古墳のふもとにもほら!!

ここから先に長い堤防が築かれたのです!!

 

丸墓山古墳とは別の場所にも当時の面影を残しております。

行田市堤根の堤に隣接する形で鴻巣市袋地内にも堤が残っており
そちらは石田堤の史跡公園として残されています。

忍川に架かる堀切橋

この場所で堤が決壊したとも伝えられております。

この地を訪れると当時の武将様方や、我ら足軽、
そしてともに戦った領民の方々の思いが感じられるような気がいたします。

私足軽蓮もいつ何時石田軍に攻められても
負けぬよう、ここ石田堤にて稽古に励もうと思います!!

忍城には時々石田軍が攻めてくるとか、来ないとか?

忍城では土日祝日を中心に戦国演舞の披露も行っております。
(詳しい時間や内容はこちらをどうぞ)

かつて忍城を守り抜いた勇猛果敢な武将様方の攻防戦の様子も見ることができるかも?

ぜひともGWは行田で戦国時代の一コマに触れてみませんか?

 

忍城址にてお会いできるのを楽しみに
皆様のお越しをお待ちしております!!

 

足軽 蓮(れん)

 

Google AdSense

Google AdSense

-足軽蓮(れん)

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2023 All Rights Reserved.