忍城おもてなし甲冑隊

埼玉県行田市観光PR隊忍城おもてなし甲冑隊のオフィシャルブログ 毎日更新中!

*

行田をめぐる足袋の旅~その② 創作足袋「千代の松」編

   

桜も少しずつ葉桜に。
装いも春へと衣替えの気温になってきましたね。

あお先輩「蓮さん、おしゃれ足元からですよ!!」

・・・・・。
おしゃれとは縁がなく
行田の古戦場と戦うことが大好き!足軽の蓮(れん)にございます。

 

そんな私があお先輩と行田の足袋を皆様にご紹介!!

という計画をしてから数か月・・・

今更ながらやっと実行いたします!!

題して

足軽あお&蓮が行く!
行田をめぐる足袋の旅 第一弾!!

と、いうわけで・・・

 

あお先輩と共に

創作足袋「千代の松」さんに行ってきました!!

100t0202

入り口を入るといろとりどりの足袋!

100t0270

足袋!!

 

100t0249

足袋!!!

100t0273

 

江戸時代から脈々と続く足袋作りの技術を後世まで伝えようと
創作足袋を作り始め、和装にも洋装にもあう柄を多数そろえているそうです。

 

創作足袋 千代の松さんでは足袋をひとつひとつ丁寧に手づくりしています。

 

「足袋づくりは全部で13工程あるのだけど
最初の引き伸ばしと裁断、そして最後のアイロン仕上げの2工程は男性の仕事。
あとは全部女性の仕事なんですよ。」

と店長の戸塚喜久代さん。

 

戸塚さんは平成27年11月10日に「埼玉県伝統工芸士」として認定されました。

100t0261

埼玉県では県指定伝統的手工芸品の製造意欲と技術の向上を図り、後継者の育成と伝統的手工芸品の次代への継承を目的として、工芸品の製造に従事している技術者のうち、高度の技術・技法を保持する者を「埼玉県伝統工芸士」として認定しています。

現在までに行田足袋の伝統工芸士として認定されている人の数は全部で14名。そのうち女性はたったの3名というとっても貴重な伝統工芸士さんなんです。

 

蓮「足袋作りで一番こだわっているところはどこですか?」

「とくに、つま先と廻し(かかと部分)が大切なんです。
丸味を帯びるように手作業で縫っていくんですよ。」

「ちょっとまってて!!」

と戸塚さん。

あっという間に爪先部分を縫って見せて下さいました。

100t0247
アイロンは熟練の職人が丁寧に立体感を出し履きやすい足袋に仕上げるそうです。

100t0253その一つ一つの手作業のお陰で温かみのある足袋が産まれるんですね。

 

あお先輩「沢山の柄足袋がありますが全部で何種類くらいあるんですか?」

戸塚さん「だいたい100柄くらいかな?」

あお・蓮「わぁ!!そんなにあるんですね!!」

戸塚さん「生地によっては少量しか作製できないものもあるので
なくなったらおわりになってしまうものもあるんです。」

あお先輩「限定のものは希少な足袋ですね」

蓮「柄足袋の裏が黒いのは珍しいですね」

戸塚さん「底地を黒に染めることで汚れが目立たないんです。
ルームシューズのようにもお使いいただけますよ」

 

あお先輩「新作などが出たら早めに手に入れないとなくなっちゃいそうですね。
どれ位の期間で新作がでるんですか?」

 

戸塚さん「いつという決まりで作製しているわけではないのですが
新作が出来たら都度ホームページで情報を上げているので
ぜひコチラで情報を見てみて下さい。」

 

創作足袋千代の松さんは行田市駅からほど近く

また忍城址からも歩いて15分程度の場所にあります。

 

お子様用の足袋やレース足袋、沢山の柄足袋。

100t0271

みているだけでもワクワクしますよ!!

行田にきたら足を運んでみて下さい!!

おしゃれは足元から。ぜひ行田足袋で足元を彩ってみては?

 

 

そんなわけで我々足軽も足袋選び。

100t0218100T0308こんなにたくさん買っちゃいました!!

100t0293千代の松さん、この度はお邪魔いたしました。

本当にありがとうございました。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

創作足袋「千代の松」

〒361-0077 行田市忍1-1-16

電話:048-564-0785

営業時間:9時から19時

定休日:不定休

※お越しの際、お電話いただけると幸いです。

駐車場:2台

HP:http://www.plus-kun.com/totsuka/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

あお先輩「蓮さん!10月にはなんと行田が舞台のドラマ「陸王」がはじまりますよ。」

 

 

100t0295

蓮「行田の足袋がまたまた注目されるなんて嬉しいですね。先輩、次はどこを巡りましょうか???」

 

あお「そういえば先日鉄剣マラソンで靱負様が履いていた靴みたいな足袋!!あれが気になります!!」

 

蓮「そういえば昨年11月に大将もさいたま国際マラソンで履いていましたよね?」

 

2016-11-13-17-34-12

あお先輩「たしかきねや足袋さんで作られている『無敵~MUTEKI~』でしたよね?
蓮さん、行ってみましょう!!」

 

 

・・・ということで次回は『きねや足袋』さんに
お邪魔したいと思います!!

 

 

【おまけ】

足袋活用豆知識!!

行田の足袋にはこんな使い方も!!

4日間素足に行田の綿足袋を履きます。

踵に保湿クリームをたっぷり塗って足袋を履きます

すると・・・

踵がつるつるに!!

冬の乾燥でカチカチになった踵を、
ぜひ行田の綿足袋で「踵ケア」なんて試してみてはいかがでしょうか?

 

 

足軽 蓮(れん)

 

 - 足軽蓮(れん)