足軽蓮(れん)

「福は内!!」足軽だって福を届ける節分祭!!

投稿日:

今年の方位は「北北西」!!

今年も恵方巻にかぶりつく

足軽の蓮(れん)にございます。

 

鬼は外!!福はうち!!そう!本日は節分!!

ということで我々忍城おもてなし甲冑隊も
行田八幡神社の節分祭に出陣いたしました。

 

風が強くて寒さがとっても厳しく感じましたね。

そんな中ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

 

八幡神社の節分祭では豆まきまでの間に

いろいろな演舞の披露や餅つきがあったり。

我々も昨年に引き続き餅つきに参加させて頂きました。

さすがは成田家一の力自慢!!

和泉様の杵捌きには惚れ惚れ致します。

丹波様は涼しげに餅をついてるなぁ・・・

なんて思っていたら

丹波様「蓮!!お前もついてみよ!!」

と。

蓮「いいんですか!?」

・・・というわけで私、蓮も餅つきに参戦!!

よいしょ!!よいしょ!!

 

周りのみなさまの掛け声とともに杵をつく!

なんとも楽しい餅つきでございました!!

 

私のついたお餅を早速あお先輩が実食。

あお先輩「蓮さん!!やわらかくておいしいです!!」

先輩からお墨付きをいただきました!!

やったー!!

 

餅つきは鍛錬にもなりそうでちょっとだけ
はまりそうなことは内緒です(笑)

 

そしていよいよ豆まき!!

豆まきの時間になると沢山の方々が集まって下さいました。

今年は福豆の中になんと「あたり」がついているものもあるという

とっても楽しい仕掛けもございました。

姫・大将が豆をまく刻限に

私も和泉様とともに豆をまかせていただきましたが

皆様福豆はたくさん拾えましたか?

 

拾った福豆は年の数だけ食べるとよいと言われていますが

そもそも節分に福豆を食べるという風習には
「福」を身体に取り入れることで一年の健康を願う。
という意味があります。

実はその福豆、年の数だけではなく

「年の数+1つ」を食べると良いそうなんです。

1つ多く食べるのは「来年も健康でありますように!」
という願いが込められています。

 

たくさんひろった福豆。

ぜひ召し上がってくださいね!!

 

でも・・・こんなにたくさん食べられないよ。

とか

年の数たべても余っちゃう!!

 

なんて方に

足軽蓮お勧めの「福豆」使い方
をお教えしちゃいます!!

 

その名も「福茶」

 

本来は、新年に初めて汲んだ水(「初水」といいます)でたてるお茶を「福茶」といい、

これを飲めば1年の邪気が祓える縁起のいいものと言われております。

しかし節分も新年を迎えるための行事ですから、

節分でひろった福豆を入れて淹れるお茶も
「福茶」といい、

邪気を祓うとっても縁起がよいお茶なんです。

 

普通のお茶に福豆を入れるだけでも効果はありますが、

せっかくなので蓮の福を呼ぶ「福茶」レシピをご紹介!!
・福豆……3粒 (豆まきでひろった豆)
・昆布、または昆布の佃煮……少々
・梅干……1粒(種をとったほうが飲みやすい!?)
・熱湯または緑茶・・・湯呑み1杯分

これらを全部一緒に湯呑みにいれたら完成!!

 

福豆が3粒なのは縁起のいい吉数だから3粒。
「まめまめしく働ける」という意味もあります。

昆布は「よろこぶ」にかけており

梅はおめでたい松竹梅に通じます。

 

美味しくて大変縁起のいいものがたくさん入った
「福茶」をのんだら冷えた身体もぽかぽかに!!

 

ぜひ試してみてくださいね!!!

 

さぁ!
我々も「福茶」で身体を温めて・・・

いざ愛知へ出発だぁ!!!

 

2月4日・5日は「第二回 全国武将隊大博覧会-宴-」に出陣!!

 

中部国際空港セントレアでお会いいたしましょう!!!

足軽 蓮(れん)

Google AdSense

Google AdSense

-足軽蓮(れん)

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2022 All Rights Reserved.