正木丹波守

昼襲日記~明日開催「師走忍城絵巻」私からの贈り物~

更新日:

此度はこんにちは。
成田家一の家老、正木丹波である。

いよいよ、明日開催される師走忍城絵巻

私からの贈り物は二つ。

 

まずは一つ目

落ちない御守り(私、正木丹波守をモチーフにしたもの)

正木家家紋入り御守(忍城攻防戦後、私が開基した高源寺にて取り扱っておる)

そして、

「正木家之壺」(正木丹波守・作)である。

正木家之壺は、現在開催中の行田今昔写真展2016にて展示中だが、

こちらを贈り物とする。
正木家之壺は

埴輪菊水文丹波和泉が定期的に開催中の催し、埴輪の陣にて創作。
私は【第肆回埴輪の陣】に参加。お客様とともに楽しいひと時を過ごせた。
創作時の様子に関しては靱負のブログに掲載されておる。
次回開催の際、時間に都合がつく方是非とも参加あれ。和泉も喜ぶであろう。


以上、一つ目の贈り物である。



次に二つ目。

引き続き、
落ちない御守り(私、正木丹波守をモチーフにしたもの)

正木家家紋入り御守(忍城攻防戦後、私が開基した高源寺にて取り扱っておる)

そして、

前年度発売された、忍城おもてなし甲冑隊カレンダーには掲載されなかったが、
候補となったものの一つを生写真にてプレゼント。
この写真をプレゼント。
佐間口古戦場跡地(水城公園)にて撮影。

ちなみに前年度採用された写真はこちら。
前年度のカレンダーは当然ながら、販売しておらぬ。
今年度カレンダーを是非とも手に入れてくれ。

以上が、二つ目の贈り物である。

今年は、本日紹介した二つの贈り物を
明日、当選された方へプレゼントと致す。

落ちない御守りは、毎年私からの贈り物としている。
忍城の歴史を散策する際は、願わくば、忍城攻防戦後、敵味方区別することなく
今日に至るまで供養し続ける高源寺も訪れて頂けることを願う。

では、明日忍城祉にて。

此度は以上、よき一日を
正木丹波守利英

Google AdSense

Google AdSense

-正木丹波守

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2022 All Rights Reserved.