正木丹波守

夜襲日記~「ぎょうだ”夢”まつり」近づく~

更新日:

今晩は、成田家一の家老
正木丹波である。

%e8%b6%b3%e8%a2%8b

※先日、忍城址にて。私の所有する足袋の一つ。
創作足袋千代の松にて入手。薄いグレーの市松柄にポップな浮世絵がユニークな柄。
サングラスやメガネをかけているデザイン。スニーカーにもおすすめとのこと。

いよいよ明後日23日(水・祝)はぎょうだ”夢”まつりが開催される。
%e5%a4%a2%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a2016

「2016ぎょうだ“夢”まつり」にて開催される催しの一つ「足袋コレ」
事前にエントリーした参加者が自身でデザインしたオリジナルの足袋を履き、その足袋とコーディネートした服装で出場するコンテスト。今年も「足袋コレ」が開催されるに辺り、ここ数回程、私が投稿するブログの冒頭に所有する足袋を紹介してきた。引き続き行田足袋も、折に触れ盛り上げて参りたい。

当日のスケジュールも発表。
%e5%a4%a2%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%82%b9%e3%82%b1
※夢まつりのチラシより

%e5%a4%a2%e7%a5%ad%e3%82%8a%e8%a3%8f

会場の様子。今年も賑わいそうだ。

行田にお越しの皆様に”夢”まつりを楽しんで頂きたいのは勿論のこと、季節は紅葉の時期。
我々のブログでも行田市内にて紅葉している風景が掲載されておる。
忍城攻防戦時、佐間口の守将であった私。
%e4%bd%90%e9%96%93%e5%a4%a9%e7%a5%9e%e7%a4%be
先日、佐間天神社の様子を確認…
%e5%a4%a9%e7%a5%9e%e7%a4%be%e3%82%a4%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%a6%e4%b8%a6%e6%9c%a8

イチョウ並木が鮮やかである。忍城攻防戦後、私が開基した高源寺の真向かい。
当時、私の屋敷があったとされる場所付近に位置する。

%e7%a5%9e%e7%a4%be%e5%86%85菅原道真公が祀られておる。会場から徒歩でもたどり着けるゆえ、
可能な方は散策しては如何だろうか。

----------------------------------
佐間天神社
行田市佐間1丁目10−6
----------------------------------

そして、
この時期、紅葉といえば必ず紹介される場所でもある
遍照院の様子も先日、改めて確認してきた。
img_1187

境内に入ると…

%e9%81%8d%e7%85%a7%e9%99%a21119

もう少し。明後日には、より紅葉に近づいていくであろう。

%e5%a2%83%e5%86%85場所によっては、このように。

遍照院は、平泉城主藤原秀衡が守り本尊の薬師如来に心願を立て祈ると快癒し
その薬師如来像を牛車に乗せ向わせたところ当地で牛が亡くなったため、
仏縁の地として創建された薬師堂の中心寺院。慶長9年(1604)には徳川家康より
薬師堂全体に25石の御朱印地を拝領、多くの塔頭、末寺を擁した小本寺格の寺院である。

【矢印】七福神今年最初に忍城下七福神巡りをした際にも遍照院を紹介。

遍照院三家老入り口

※今年一月の様子

福禄寿が祭られている。

忍城下七福神巡りに関しては、以前私が投稿した
夜襲日記~漆黒の魔人の由来、「真田丸」と「のぼうの城」より~
を参照頂きたい。我々三家老で投稿したブログにリンクしている文章がある。

--------------------------------------------------
遍照院
行田市駒形1-4-18
〒361-0055 埼玉県行田市駒形1丁目4−18
---------------------------------------------------

こちらも夢まつりの会場から徒歩でも
伺えないことはない距離ではあるが…体力的に厳しければ
マウンテンバイク会場付近、南芝生広場にある観光案内所でレンタサイクルを利用するのもよかろう。
先月ポタリングを経験した私としてはこちらでの移動手段もお薦めだ。
併せて検討頂きたい。

此度は神社、お寺付近の紅葉の様子の一部を紹介。
お時間に余裕があれば散策あれ。他にも見処はがあるのは言うまでもない。
ぎょうだ”夢”まつりに併せて行田市観光をお楽しみあれ。

そうそう、散策といえば、
昨日甲斐姫の里帰りツアー 申込み締め切り日 延長のお知らせ
発表された。
%e9%87%91%e5%b1%b1%e5%9f%8e%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc%e7%94%a8

今から楽しそうな二人。帯同する和泉も楽しみにしているのであろう、だいぶ
はしゃいでおった。…私もいつか伺いたいものだ。どうか私の分も楽しんできてほしい。

成田家に関わる歴史もより知ることができよう。是非ともご参加あれ。
ちなみに昨日、出陣した行田市のお隣、
熊谷市には成田家の菩提寺、龍淵寺がある。
こちらもお忘れなく。年始に我々も訪れた。詳しくはこちらをご覧あれ。
(そうだ、龍淵寺も伺うことができなかった…機会を見つけ伺いたいと思う。)

 

さて、
靱負よ、今年はどのように足袋コレを盛り上げるのか…
お手並み拝見といこうか。
%e4%b8%b9%e6%b3%a2※写真はイメージです。昨年のぎょうだ”夢”まつりより

今宵は以上、よき夜を

正木丹波守利英

Google AdSense

Google AdSense

-正木丹波守

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2022 All Rights Reserved.