足軽蓮(れん)

熱き戦い「熊谷B級グルメ大会」

投稿日:

砂埃と熱気が渦巻く戦場に我あり!!

成田家一の戦う足軽 蓮(れん)にございます。

BC20160529_165952

 

本日も暑い中忍城址にお越し頂きありがとうございました。

沢山の皆様が来てくださっていたのにお会いできずに残念です。

忍城では忍城の歴史が5分でわかる紙芝居「忍伝説」が和泉様と丹波様によってお披露目されました。

DSCN6511

 

そんな中、本日私足軽の蓮(れん)は「第6回熊谷B級グルメ大会」に出陣しておりました。

 

熊谷市内の38店舗が熱い販売(たたかい)を繰り広げる「第6回 熊谷B級グルメ大会」

戦う場所に足軽蓮あり!!
熊谷の”B”estフードを決めるこの大会

熊谷のご当地グルメ王者を来場者の投票で決める「くまが屋・オブ・ザ・イヤー」には、過去最大となる市内38店が参加。

市内の物産を販売する16店舗の他に
特別参戦の上田市から1コーナー、市外グルメから行田市のB級グルメ「ゼリーフライ」を含む12店舗、
ご当地ホルモンは市内外から6店舗、総勢73店舗が大集合し、熱気に包まれた戦い(販売)を繰り広げてておりました。

 

 

せっかく来たからには参戦しない手はない!!

DSCF3418

という訳で、先ずは行田市の「ゼリーフライ」に援軍!!

selfiecamera_2016-05-29-16-56-34-087

 

ところでB級グルメの「B」ってどんな意味?

IMG_3626

靱負様「お教えしよう!!B級グルメとは、安価で、贅沢でなく、庶民的でありながら、おいしいと評判の料理のことである。

1985年頃から使われている言葉なのだよ。我々の戦国時代には聞いたこともなかったのだけどね。

近年になってからは各地で安価で庶民的な料理を新たに造り町おこしをしようという試みも見られるようになり、

<B級ご当地グルメ>として焦点が当たることも増えてきたんだ。」

 

「なるほど・・・行田フライやゼリーフライも足袋工場の女工さんのおやつとしても人気があったのは安くておいしかったからなのですね!!」

IMG_3625

丹波様「そう。そしてその町おこしのためのイベントが「B-1グランプリ」。
全国各地のご当地グルメを全国に知ってもらい、地域活性化を目指す戦なのだ。
私が先日出陣した「B-1グランプリ食堂」は選ばれしご当地グルメの数々が秋葉原でも堪能できる。

ちなみに「B-1グランプリ」の「B」は「B級」ではなく「Brand」のB。そもそもB級グルメの祭典ではない。

蓮も一度行ってみるがよい。」

 

「武将様や姫様方がご出陣なさっているB-1グランプリ食堂とは
まさに【ブランド】をかけて戦う場なのでございますね。」

 

まだまだ世の中には知らなかった戦場があるのですね・・・・

 

 

大将「蓮ちゃんお馬さん見につれていってあげるよ~。ついておいでよ」

IMG_7485

 

熱き馬の戦いが何戦(レース)も繰り広げられる浦和競馬場が次なる戦場!!

蓮「ついていきます!!」

 

6月1日にむけて・・・いざ!戦の準備だ!!

おっしゃぁぁぁぁ!!!

 

足軽 蓮(れん)

 

 

 

 

Google AdSense

Google AdSense

-足軽蓮(れん)

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2022 All Rights Reserved.