正木丹波守

夜襲日記~よろいをきよう、本日より開始~

更新日:

今晩は、成田家一の家老
正木丹波守である。

DSCN5809本日も忍城址にお越し頂き、誠に有難う。
卯月も下旬になり、GWも近づく最中、
本日より行田市郷土博物館にてよろいをきようが始まった。
よろいをきよう

開催日: 4月24日()~5月22日()までの日曜・祝日
場所: 行田市郷土博物館講座室
時間: 13:00~16:00まで(受付15:30まで)
※受付は混雑状況により12:30~
※受付にて名簿に名前を記入して下さい
※カメラはご持参下さい

入館された方であれば、子どもから大人まで甲冑の着付け体験をすることができる催し。
名刀展も始まっているゆえ
20160420211142_00001※配布されているパンフレットより
20160420211217_00001

名刀を通じて、歴史に触れて頂ければと思う。

本日は日曜日。今宵は 大河ドラマ「真田丸」が放送される。
天正14年(1586年)、秀吉殿の台頭が引き続き描かれるとのこと。

上田市では、本日【第34回 上田真田まつり】が開催されたそうだ。
「真田丸」で、真田昌幸役を演じる草刈正雄氏をはじめとしたスペシャルゲスト
を迎えたりと、まつりは盛大に開催されたようだ。

DSCN4267※『第一回全国武将隊大博覧会~宴~』出陣時
信州上田おもてなし武将隊 真田幸村と十勇士・真田幸村殿とともに
上田おもてなし武将隊の方々もきっと、まつりを通して
上田市観光をさらに盛りあげたことであろう。

我々は来月8日、寄居北條まつりに出陣する。
寄居北條
「寄居北條まつり」とは1590年(天正18年)豊臣秀吉の小田原征伐の際、
鉢形城に陣取った郷土の武将北条氏邦殿が、前田利家・上杉景勝率いる5万人の豊臣勢を相手に、
わずか3,500人の兵力で1カ月余り攻防戦を続けた。このときの戦いを再現したものが
「寄居北條まつり」である。
寄居北條まつり裏まつりの当日は約500人が武者姿で出陣し、市街地をパレードした後、
北条・豊臣の両軍に分かれて、玉淀河原で攻防戦が繰り広げられるとのこと。
また、北条氏ゆかりの地からB級グルメが多数集結する「北條食の陣」が同時開催される。
会場では、特産品の販売や観光PRも行われる。

このように真田丸に関連して、我々武将隊を通じても、様々な知識を得ることができる。
忍城攻防戦があった天正18年の様子がどう描かれるか、こちらも注目していきたい。

今宵は以上、よき夜を
正木丹波守利英

Google AdSense

Google AdSense

-正木丹波守

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2021 All Rights Reserved.