甲斐姫

~甲斐…貝あわせじゃ!~

更新日:

甲斐じゃー!
現在行田市の郷土博物館では【むかしのくらし】博学連携展示が行われております。

博学連携展示とは、博物館と学校が協力してつくる展示の事。
体験コーナーではお手玉やあやとり、けん玉などで遊べるぞ。

明治時代から昭和初期までの生活用具や仕事道具が展示されております。

体験学習講座もあり、わしも先日参加してきたのじゃ。

「貝合わせをつくろう」
甲斐(かい)なだけ(かい)あわせ…なんてな!
DSCN3885
貝合わせは平安時代から伝わるもので、同じ貝を合わせて遊ぶ
神経衰弱のようなもの。

DSCN3858
このように、ハマグリの内側は金色に塗装してあり見た目も華やか!

DSCN3849

昔は和歌、四季の草花、風景、松竹梅が描かれていたのでございます。

こちらは貴重な江戸時代のもの。
細部まで丁寧に描かれておるのぉ。
DSCN3850

対となる貝殻しか組み合わせることができない、ハマグリを使用しております。

 

同じ貝どうしを合わせる事から
縁結びになぞられ嫁入り道具の一つともなっておったそう。

DSCN3853貝桶という豪華な化粧箱に左右それぞれ収められております。

わしも貝に絵柄を描きますぞ!
アクリル絵の具を使い、少しずつ丁寧に丁寧に…。

DSCN3856
左右の貝に同じ絵を描いて、いざ!貝あわせで遊びまする!!

DSCN3861

これはあくまでも貝の柄を見て合わす遊びであり、内側の絵は答えあわせなのじゃ。

DSCN3875

元々はお姫様の優雅なお遊びであり、2枚の貝が合わさった後は「お見事で御座います~」と言い、その貝を貰えるのじゃ。

今回は貝は貰わず、記念に持ち帰りましたぞ。

共に貝あわせをした子ども達と♪

DSCN3882

因みにわしの貝を拡大(*^-^*)

DSCN3896
春の陽気に少しばかり眠たげな
【うぐいすと梅の花】に御座いまする(=゚ω゚)ノ

忍城でも梅の花が咲き、暖かい陽気になってきました。
春が待ち遠しいのぉ♪

甲斐

Google AdSense

Google AdSense

-甲斐姫

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2021 All Rights Reserved.