正木丹波守

夜襲日記~私からの贈り物、師走忍城絵巻にて~

更新日:

今晩は、成田家一の家老
正木丹波である。
丹波3

本日、世間ではクリスマスイブ。
皆、聖なる夜を祝い、楽しんでおる最中だろうか。
楽しむのもいいが、この日のそもそもの意義を忘れず、節度を保つように。

我々は昨日は、愛知県岡崎市へ「家康公生誕祭2015」に出陣。
20151223-IMG_7229

※昨日の様子。

家康殿の生誕をお祝いした。
こうした催しが催行できるのは家康殿の威厳と人柄、そして武功があってこそ。
さすが天下統一を果たした方。
現代になり、多少、長親と似通った部分も垣間見えるが…。
いずれにせよ、城代就任425周年を迎えた長親にも
改めて見習ってもらいたいものだ。
引き続き、成田家一の家老としてしっかりビシバシと支えていく所存である。

今年も出陣させて頂き、大いに刺激になった。
お越しになった皆様、武将隊の皆様、生誕祭に関 わる皆様、
大変お世話になった。感謝。

此度の機会をきっかけに一人でも多くの方が
行田に観光に訪れて下さる事を願う。

さて、27日(日)に行われる師走忍城絵巻、
私からの贈物である。丁度よき日に発表できたな。

まずはこちら。
落ちないお守り

私をモチーフにした落ちないお守りと
正木家の家紋の入ったお守りである。
祈祷丹波いずれも私が本堂にて祈願をした。
毎年恒例だが、これは外せぬ。

そして、
のぼうの城 「のぼうの城」漫画
原作はご存知和田竜殿、作画は花咲アキラ殿。有名なグルメ漫画を描いた方。
とても有名な方だ。分かりやすく、かつ楽しめるよう描かれておる。

「のぼうの城」オリジナル脚本完全版
のぼうの城脚本小説をお読みになった方はすでにおられるだろうが、
文庫本にて発売されたのをご存知の方は そう多くは無いはず。

本の中で和田竜殿は「脚本は映像化の為の設計図」と書かれておるが、
興味深い表現である。

脚本、小説、そして映像化へと辿り着いたエピソードや
脚本の読み方なども書かれており小説とは違った楽しみ方ができるはず。

以上、
落ちないお守り、オリジナル脚本完全版
丹波お守り&本
家紋入お守り、漫画をセットで漆黒に包装し、
高源寺お守り&本
抽選で当たった方にプレゼント。

27日、待っておるぞ。
chirashiこちらも是非ともご覧あれ。

今宵は以上
よきクリスマスイブを
正木丹波守利英

Google AdSense

Google AdSense

-正木丹波守

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2021 All Rights Reserved.