成田氏長

【氏長】行田市のパワースポット!?遍照院

投稿日:

皆様御機嫌よう、忍城城主・成田氏長である。

梅雨も真っ只中の今であるが、皆はジメジメしたこの季節屋敷でゴロゴロ過ごしているのはなかろうか?
儂はもちろんゴロゴロしておる。
いいの城主だから。

さて、今回は行田のパワースポットとして儂が勝手にオススメする「遍照院」を紹介しよう。

日頃から我々を応援してくださってる皆々はすっかり紅葉の綺麗なお寺として認知の事かと思うがこの遍照院、実はこの梅雨時期もオススメなのである。

 

真言宗智山派の遍照院(へんじょういん)

仁安元年(1166年)眼病にかかった平泉城主・藤原秀衡(ひでひら)が守り、本尊の薬師如来に心願を立て祈ると、不思議なことに目は見えるようになったそうじゃ。

喜んだ秀衡が薬師如来のお堂の建立を思い立つと夢枕に如来が立ち、忍(行田)の郷に有縁の地があるからその地に祀れというお告げを受け、そこで薬師如来像を牛車に乗せ向わせると、駒形の地で牛が死んだので仏縁の地として像が安置されました。

慶長9年(1604年)徳川家康により薬師堂領として25石の御朱印を賜り総ケヤキ造りの本堂は、本尊薬師如来座像を祀ることから薬師堂と呼ばれ寛政5年(1793年)に再建されたもので
現在では「駒形薬師様」として眼病平癒のご利益があると言われておるのじゃ。


〒361-0055 埼玉県行田市駒形1丁目4−18

今の季節は紫陽花が綺麗

遍照院紫陽花
紅葉の時期だけでなく、今の時期は色とりどりの紫陽花が皆々を迎えてくれる

紫陽花

当たり前なのか紫陽花は雨が似合うと思わぬか?

閑静な住宅街に佇む荘厳な雰囲気

敷地内には数々の木々が計算されて植えてある為、様々な角度から癒やしの空間を体感することが出来る

IMG_1121

秋には燃えるように赤くなるもみじの葉も今は元気に栄養を蓄えてる

 

 

儂としたことが総ケヤキ造りの仁王門や本堂の写真を撮り忘れたので今度は皆がここ遍照院を訪れて写真に収めてきてくだされ。
紅葉の季節も良いがこの季節にしか見ることの出来ない姿を見せてくれるであろう。

 

成田氏長

Google AdSense

Google AdSense

-成田氏長

Copyright© 忍城おもてなし甲冑隊 , 2020 All Rights Reserved.